重度アトピー妹の笑顔を取り戻すための特許技術が投入されたアヤナス

アトピーでも使える化粧品となると、選択の幅が非常に狭いのですが、その中でも自信を持ってすすめられるのがディセンシアの製品です。

ディセンシアアヤナス、サエル、つつむ、それぞれのシリーズに共通して採用されているのがヴァイタサイクルヴェールという特許技術
この技術についての特許広報には「発明の効果」として、アトピー性皮膚炎症についての記述があります。
証拠画像を見る(クリックで小窓が開きます)

この特許技術がもたらす保湿力はとても素晴らしいもので、保湿力があることで知られる白ワセリンを超えたデータがやはり特許広報に見いだすことができます。
証拠画像を見る(クリックで小窓が開きます)

この特許技術の完成に大きな力を果たしたのがポーラ研究所の研究員、M.Sさんです。


彼の妹さんは重度のアトピーで苦しんでいました。腕は洋服で隠すことができても顔は隠せません。なので、小さい頃はとても明るかったにもかかわらず、年とともに閉じこもりがちになってしまったそうなのです。そんな妹さんに笑顔を取り戻すために、M.Sさんはポーラ研究所を選び、研究を重ねました。
そしてできたのがヴァイタサイクルヴェールという特許技術なのです。

アトピー肌特有の皮膚バリアの損傷をもう一枚のバリアで包む

アトピーの原因は食生活や内臓など無数にあり、そのひとつひとつ個別に対処するのは容易ではありません。
「ならば、アレルゲンや刺激となる物質から肌を守ればいい」
という発想をイラストにすると、こんな感じです。

これを、アヤナスに使われているヴァイタサイクルヴェールは次のような形で実現しています。

それでは、これを実際に使ったアトピーの人はどんな感想を持ったのでしょうか。
健康美容EXPOのお仕事をさされている方が「健康美容ビジネス日記」というブログで次のように書き記しています。

「私は地獄のような状態から劇的に改善できた」

その前後の文章を抜粋引用します。
アトピー性皮膚炎患者として、美容ジャーナリストの端くれとして、どれだけ沢山のアトピー化粧品を試してきただろうか。(〜中略〜)
ディセンシア(つつむ フェイスクリーム R1)は、外部刺激のシャットアウトと徹底保湿でアトピー肌を積極的に綺麗にするための技術を持っている。
これはとてつもなく画期的な技術であり、 ディセンシアのコンセプトである、 「低刺激は当たり前。その先の肌を美しくするためのコスメ。」 を体現しているといえる。
単なる低刺激のレス処方化粧品は、 「肌にしみない」だけで肌を改善していく、さらには綺麗にしていく効果は弱い。
ディセンシアは外部刺激のシャットアウトと徹底保湿で アトピー肌を積極的に綺麗にするための技術を持っている、最もオススメしたいアトピー化粧品だ。
このように、専門家からも太鼓判をおされたディセンシアですが、やはり、アトピーとなると、化粧品選びは慎重にならざるを得ません。
アヤナスは、お試し用のトライアルセットがあり、開封・使用後も30日以内であれば返品可のシステムと、万が一残念な場合でもリスクは極小です。もちろん、すべてのアトピーの方がこれで100%よくなるとは保証できませんが、可能性があることは事実でしょう。自分の肌で試さない手はありません

★詳細はこちら⇒http://アヤナス.com

また、アトピーがひどい方や花粉症、アレルギーの季節などで肌が特に敏感だという場合は、基本性能に徹した「つつむ」のほうがよいかもしれません。必要でしたらご検討ください。★詳細やこちら⇒http://つつむ.com

※実際に10日間トライアルセットを使った体験記はこちら「お試しセット体験記」