敏感肌のスキンケア

敏感肌のスキンケアで、効果が高いとされるものには、専用の化粧品に変えるとか、食事や睡眠などの生活パターンの改善などがあげられます。
カサカサ肌は放っておくと、シワになったりかぶれたりと、肌トラブルの原因にもなるので、しっかりしたケアが必要です。
お肌の水分保持のためには、皮脂、天然保湿因子(NMF)、セラミドなどの細胞間脂質、の三大要素が重要です。
これらのうち、どれかでも不足しバランスがくずれると、刺激物質の侵入を許し肌荒れの原因になるので、敏感肌のスキンケアは、お肌の水分保持が大前提となるのです。

食事は重要なポイント

敏感肌のスキンケアには、食事は重要なポイントで、セラミドやNMFなどの必要な栄養素は、食品から補給することができます。
皮膚を構成するタンパク質は、もちろん重要です。
肌荒れの予防、とくに肌乾燥を防ぐには、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群が重要です。ミネラル、とくに健康な皮膚に欠かせない亜鉛も、重要な成分です。

 

また、脂質には体内で合成できない必須脂肪酸があり、不足すれば、ターンオーバーが乱れます。
サバやイワシなどのオメガ3系脂肪酸と、コーン油やゴマ油などのオメガ6系脂肪酸の両方を、バランスよく摂取することが重要です。

睡眠や入浴の重要性

日常生活で、睡眠はとくに、敏感肌のスキンケアのカギとなります。
皮膚の損傷を修復する成長ホルモンは睡眠中に分泌されるので、健康なお肌のためには、よく眠ることが大切なのです。
敏感肌のスキンケアとしては、入浴も関心の高いポイントです。
セラミドやNMFは、42度以上のお湯でかんたんに流出してしまうので、39度前後のお湯で、つかるのは10分程度にとどめるのが無難な線です。

購入ページリンクはこちら▼▼▼


敏感肌のスキンケア記事一覧

 

敏感肌とは、すぐにかぶれたり赤くなったりと、お肌がさまざまな刺激に対して、敏感になっている状態をいいます。その主な原因は、お肌のバリア機能の低下です。人間の皮膚は通常、皮脂、セラミドなどの細胞間脂質、天然保湿因子(NMF)の三大物質がお肌表面にバリアを作り、紫外線やほこりなどの外部刺激から守る働きをしているのですが、お肌の水分保持に必要な成分が不足すると、刺激物質がかんたんに侵入してしまいます。敏...

 
 

おっかなびっくりの人もいるでしょうが、敏感肌の洗顔はお肌の汚れや古い皮脂を洗い流し清潔にするうえで、とても大切なスキンケアの1つです。間違った洗い方は肌荒れの原因になるので、お肌に優しい洗顔方法を身につけるのが先決です。最初にぬるま湯か水で顔を軽くすすぎ、洗顔料をつけるのですが、それをほとんど泡立てずに使うのは、指先でお肌を強くこすることになるのでNGです。敏感肌の洗顔は、洗顔料をよく泡立て、泡を...

 
 

メイクをしていれば当然、敏感肌のクレンジングは、スキンケアのファーストステップになります。刺激が怖いという人は多いようですが、敏感肌のクレンジングは「必要悪」のスキンケアです。メイクが残ったままだと、肌荒れの原因になるので、その日のうちに落としきることが大切なのです。

 
 

時間短縮だか何とか言って、スキンケア後にファンデーションをいきなり塗るのが、イマドキ主流のメイク方法のようですが、敏感肌の化粧下地は、肌質を考えるとやはり必要なアイテムです。結果的に肌負担を減らすことにつながり、素肌力の低下を予防することさえ可能になるでしょう。基本的に化粧下地とは、お肌の凹凸を地ならしすることで、ファンデーションの定着度を高めるために塗るものです。敏感肌の化粧下地は、その基本的な...

 
 

お肌にあまり刺激を与えずに、シミやシワなどの肌トラブルをカバーしたいからと、敏感肌のファンデーションはの関心は高いようです。ただし、お肌に優しいからといって、塗りすぎは後々、肌荒れの原因になるので要注意です。ファンデーションには、さまざまなタイプがありますが、敏感肌のファンデーションとしては、パウダータイプがベストです。お肌に合えば、カサカサになりやすいお肌にスーッとのび、気になる部分をしっかりカ...