敏感肌のクレンジング

メイクをしていれば当然、敏感肌のクレンジングは、スキンケアのファーストステップになります。
刺激が怖いという人は多いようですが、敏感肌のクレンジングは「必要悪」のスキンケアです。
メイクが残ったままだと、肌荒れの原因になるので、その日のうちに落としきることが大切なのです。

クレンジングの基本成分

クレンジングの基本成分は、油分や界面活性剤などからなっています。
敏感肌のクレンジング剤には、油分が少ないほうが刺激が少なさそうですが、そうとばかりともいえません。
第一、油分が少なければ、メイクを十分に浮かすことができず、洗浄力を上げるために界面活性剤を増やす必要が生じてしまい、そうなるとお肌への負担がかえって増すことになります。
敏感肌のクレンジング剤といえども、油分とはほどほどの付き合いが必要なわけで、要は成分バランスの問題です。

クレンジング剤の種類

また、クレンジング剤には、さまざまなタイプがありますが、敏感肌のクレンジングには、クリームタイプか乳化ジェルタイプが適しています。
成分的に、メイクと似ているのでなじみやすく、肌負担を減らすこともできます。
反対に、オイルタイプやリキッドタイプは、メイクが浮きにくく、肌負担が増えるので避けるのが無難です。
ふき取りタイプも、ゴシゴシこする刺激が肌ダメージにつながるので、やはり不適でしょう。

敏感肌のクレンジングのやり方

敏感肌のクレンジングの際、アイラインやマスカラなどの落ちにくい部分は、専用のリムーバーを使うと上手くいきます。
その後、適量のクレンジング剤を手にとり、お顔全体に広げ、メイクとなじませます。
メイクが浮いてきたら、お肌をこすりすぎないよう注意しながら、ぬるま湯か水で十分に洗い流して完了です。

購入ページリンクはこちら▼▼▼


敏感肌のクレンジング関連ページ

敏感肌とは
敏感肌とは、すぐにかぶれたり赤くなったりと、お肌がさまざまな刺激に対して、敏感になっている状態をいいます。その主な原因は、お肌のバリア機能の低下です。
敏感肌の洗顔
敏感肌の洗顔はお肌の汚れや古い皮脂を洗い流し清潔にするうえで、とても大切なスキンケアの1つです。間違った洗い方は肌荒れの原因になるので、お肌に優しい洗顔方法を身につけるのが先決です。
敏感肌の化粧下地
敏感肌の化粧下地は、肌質を考えるとやはり必要なアイテムです。結果的に肌負担を減らすことにつながります。
敏感肌のファンデーション
お肌にあまり刺激を与えずに、シミやシワなどの肌トラブルをカバーしたいからと、敏感肌のファンデーションはの関心は高いようです。