敏感肌のファンデーションはの関心は高い

お肌にあまり刺激を与えずに、シミやシワなどの肌トラブルをカバーしたいからと、敏感肌のファンデーションはの関心は高いようです。
ただし、お肌に優しいからといって、塗りすぎは後々、肌荒れの原因になるので要注意です。

 

ファンデーションには、さまざまなタイプがありますが、敏感肌のファンデーションとしては、パウダータイプがベストです。
お肌に合えば、カサカサになりやすいお肌にスーッとのび、気になる部分をしっかりカバーし、自然な感じの美しいお肌に仕上がるでしょう。

敏感肌のファンデーション選び

中には、毛穴をふさいで肌荒れの原因になるなど、ファンデーション悪玉論を叫ぶ人がいるようですが、敏感肌のファンデーションに使うようなパウダータイプなら、毛穴を完全にふさぐということはなく、皮膚呼吸にも何ら支障は生じ得ません。
かつては、質の悪いファンデーションを使ったことが原因で、油性ざ瘡にかかるケースがあったとのことですが、それも今は昔です。

 

反対に、クリームタイプやリキッドタイプは、敏感肌のファンデーションとしては注意が必要です。
こうしたタイプは、色粉に界面活性剤をプラスしたものが大半です。また、水分が多いため、腐敗防止に防腐剤などの添加物配合も、デメリットに映ります。

敏感肌のファンデーションの使い方

ちなみに、パウダータイプは、敏感肌のファンデーションに適しているのですが、塗りムラができやすいので、小鼻やフェイスラインなどの部分は、スポンジも使って軽く伸ばすようにすると上手くいくでしょう。
この際、お肌をゴシゴシこするのはNGです。また、パウダータイプは、のっぺり平面的になりがちなので、後でピンク系のチークをほお骨に沿って入れると立体感が出ます。

購入ページリンクはこちら▼▼▼


敏感肌のファンデーション関連ページ

敏感肌とは
敏感肌とは、すぐにかぶれたり赤くなったりと、お肌がさまざまな刺激に対して、敏感になっている状態をいいます。その主な原因は、お肌のバリア機能の低下です。
敏感肌の洗顔
敏感肌の洗顔はお肌の汚れや古い皮脂を洗い流し清潔にするうえで、とても大切なスキンケアの1つです。間違った洗い方は肌荒れの原因になるので、お肌に優しい洗顔方法を身につけるのが先決です。
敏感肌のクレンジング
刺激が怖いという人は多いようですが、敏感肌のクレンジングは、いわば「必要悪」のスキンケアです。
敏感肌の化粧下地
敏感肌の化粧下地は、肌質を考えるとやはり必要なアイテムです。結果的に肌負担を減らすことにつながります。