敏感肌の洗顔

おっかなびっくりの人もいるでしょうが、敏感肌の洗顔はお肌の汚れや古い皮脂を洗い流し清潔にするうえで、とても大切なスキンケアの1つです。
間違った洗い方は肌荒れの原因になるので、お肌に優しい洗顔方法を身につけるのが先決です。
最初にぬるま湯か水で顔を軽くすすぎ、洗顔料をつけるのですが、それをほとんど泡立てずに使うのは、指先でお肌を強くこすることになるのでNGです。
敏感肌の洗顔は、洗顔料をよく泡立て、泡をクッションのようにして、指先に力を入れずに洗うのが基本です。

洗顔は泡立てネットを使う

洗顔料は、清潔な手のひらに適量とり泡立てるのですが、途中で少量の水を足すと泡立てやすくなります。
最近はやりの泡立てネットを使うのもOKです。
洗い始めは、額と鼻周りのTゾーンは、皮脂が多く汚れやすいので、Tゾーンから先に洗います。
ついで、洗顔料の泡をお顔全体に広げ、泡でお顔を包み込むように洗います。

洗いすぎは肌乾燥を招くので要注意

ただ、洗いすぎは肌乾燥を招くので要注意です。
敏感肌の洗顔としては、洗う時間は10?15秒ほどで十分です。
汚れやすい部分を重点的にしつつも、お顔全体をサッと洗うのがコツです。
肌乾燥が激しい場合は、洗顔料のたっぷりの泡をお顔にのせ、手をバイブレーターのように動かしながら、手がお肌に触れないよう泡を動かす洗い方がオススメです。
お肌に負担をかけずに汚れを落とせるので、よりグレードの高い敏感肌の洗顔方法となります。
あと、敏感肌の洗顔は、すすぎにも注意が必要です。
すすぎ残しがないよう、お肌をこすらないようにしながら、すみずみまで洗い流すのが基本です。
お顔をふくタオルは、洗剤や柔軟剤が残っていないものを使い、やはりゴシゴシこするのは厳禁です。

購入ページリンクはこちら▼▼▼


敏感肌の洗顔関連ページ

敏感肌とは
敏感肌とは、すぐにかぶれたり赤くなったりと、お肌がさまざまな刺激に対して、敏感になっている状態をいいます。その主な原因は、お肌のバリア機能の低下です。
敏感肌のクレンジング
刺激が怖いという人は多いようですが、敏感肌のクレンジングは、いわば「必要悪」のスキンケアです。
敏感肌の化粧下地
敏感肌の化粧下地は、肌質を考えるとやはり必要なアイテムです。結果的に肌負担を減らすことにつながります。
敏感肌のファンデーション
お肌にあまり刺激を与えずに、シミやシワなどの肌トラブルをカバーしたいからと、敏感肌のファンデーションはの関心は高いようです。