敏感肌の化粧下地

時間短縮だか何とか言って、スキンケア後にファンデーションをいきなり塗るのが、イマドキ主流のメイク方法のようですが、敏感肌の化粧下地は、肌質を考えるとやはり必要なアイテムです。
結果的に肌負担を減らすことにつながり、素肌力の低下を予防することさえ可能になるでしょう。
基本的に化粧下地とは、お肌の凹凸を地ならしすることで、ファンデーションの定着度を高めるために塗るものです。
敏感肌の化粧下地は、その基本的な機能にプラス、保湿成分など、敏感な肌をケアする成分配合は、現在では普通になされています。

紫外線吸収剤不使用かは要チェック

また最近では、化粧下地にUVカット成分配合も当たり前のようになっています。
敏感肌の化粧下地としては、SPF値やPA値の高さもさることながら、紫外線吸収剤不使用かは要チェックです。

化粧下地は肌保護の観点からもメリットが

ところで近ごろ、お顔がベタベタするのが嫌だからといって、化粧下地を使わない人が多いようですが、敏感肌の人は真似しないほうが賢明です。
敏感肌の化粧下地を使うことには、肌保護の観点からもメリットがあるのです。
第一、ファンデーションの前に化粧下地を塗ると、毛穴などの凹部に化粧下地が先に入りこむ格好になるので、後でメイク落しがしやすくなります。
敏感肌の化粧下地を使うことで、クレンジングの手間がだいぶ省けるので、お肌への負担を結果的に減らすことが可能になるのです。

厚塗りを防ぐためにも

また、化粧下地を使わないで、ファンデーションだけで整えようとすると、どうしても厚塗りになりがちです。
さらに、厚化粧は化粧くずれを起こしやすく、肌負担をかえって増やすことになります。
肌養生をかねたメイクは、敏感肌の化粧下地をファンデーションの前に塗る、が基本です。

購入ページリンクはこちら▼▼▼


敏感肌の化粧下地関連ページ

敏感肌とは
敏感肌とは、すぐにかぶれたり赤くなったりと、お肌がさまざまな刺激に対して、敏感になっている状態をいいます。その主な原因は、お肌のバリア機能の低下です。
敏感肌の洗顔
敏感肌の洗顔はお肌の汚れや古い皮脂を洗い流し清潔にするうえで、とても大切なスキンケアの1つです。間違った洗い方は肌荒れの原因になるので、お肌に優しい洗顔方法を身につけるのが先決です。
敏感肌のクレンジング
刺激が怖いという人は多いようですが、敏感肌のクレンジングは、いわば「必要悪」のスキンケアです。
敏感肌のファンデーション
お肌にあまり刺激を与えずに、シミやシワなどの肌トラブルをカバーしたいからと、敏感肌のファンデーションはの関心は高いようです。