アヤナスエッセンスコンセントレート

リニューアルでパワーアップした美容液

保湿だけでは不十分?

 

美容液は、スキンケアの華といえる化粧品です。ディセンシアのアヤナスの場合、保湿成分やアンチエイジング成分の濃密配合で、お肌へ働きかける効果は大きいといえます。2016年秋のリニューアルでパワーアップが実現され、ますます美肌効果が実感しやすくなったと、口コミ評価は上々です。肌乾燥の改善に、潤いケアをしても改善されない場合、ストレスが影響している可能性がありますが、ディセンシアブランドの新装アヤナスエッセンスコンセントレートは、抗ストレス成分が新配合されています。保湿だけでは不十分? という人はとくに、お試しの価値があります。

 

抗糖化でエイジングケア、肌老化改善に

 

アヤナスエッセンスコンセントレートは、ディセンシアのアンチエイジング化粧品「アヤナス」のリニューアルで開発された美容液です。
お肌の潤い・弾力・抗糖化の三拍子に、ローズマリーエキスという「くすみ」予防成分も加わった辺り、同じディセンシアの「サエル」と少々カブる配合もあります。

 

敏感肌ケアは、保湿を第一に考えるのが適当で、アヤナスの化粧品でも、ヒト型ナノセラミドをはじめとする保湿成分は、充実配合になっています。加えて、ディセンシアはポーラ研究所の研究により、肌老化に糖化も関係していることを明らかにしています。美容液は、抗糖化で肌老化改善につなげている点が、特長にあげられます。

 

旧型の最大のメリットであった「抗糖化」は、新しいアヤナスエッセンスコンセントレートでも重要ポイントです。シリーズで唯一、「糖化」に対応しているのがこのエッセンス/美容液だからです。

新しいアヤナスエッセンスコンセントレートにも、抗糖化成分として、コウキエキスとシモスケソウエキスを配合。AGEsを分解する働きがあり、「黄ぐすみ」や「たるみ毛穴」の原因となる、敏感肌特有の「糖化」に対応し、抗糖化でエイジングケアをしてくれます。
配合されているコウキエキスには、糖化を予防する働きもあります。美容液は、Wの抗糖化で、黄ぐすみをはじめとするエイジングサインにアプローチをかけていくのです。

 

アヤナスお家芸のエイジングケア成分

 

加えて、ヒト型セラミドで保湿力を、CVアルギネートでコラーゲン産生を促すなども、アヤナス発売当初から口コミで大好評の成分もしっかり配合です。
アヤナスシリーズに配合のCVアルギネートには、お肌のハリ・弾力を高める働きがあります。また、他のシリーズには入っていない成分としては、オーガニックリフトオイル(写真下)という成分が特徴的。保湿効果を高め、お肌のハリアップ効果を高めています。

 

抗ストレスで抗老化も

 

アヤナスエッセンスコンセントレートは、ストレスを感じる人におすすめです。
ストレス社会の昨今、潜在需要はかなり多いと見込まれます。この着目点も、他社ではあまりみられない独自のアプローチと言えるでしょう。
アヤナスシリーズに配合されている抗ストレス成分はアヤナスエッセンスコンセントレートにも処方されています。


具体的には、パルマリンでタイトジャンクションを高め、ジンセンXで血行アップ、ビルベリー葉エキスで皮膚細胞を増やすという具合です。
これは、「ストレスバリアコンプレックス」といって、ストレスが肌老化に与える影響を考慮しての一大改革です。新生アヤナスは、抗ストレスで抗老化もできる美容液に進化したのです。
アヤナスは、皮膚細胞の密着度をみるタイトジャンクションを重視しています。美容液やクリームに配合の新成分パルマリンには、ストレスで弱まったタイトジャンクションを回復させ、潤いの損失を抑える働きがあります。それに加えて血行アップのジンセンX、結果的に皮膚細胞を増やし肌荒れを予防するビルベリー葉エキスの三つの成分の掛け合わせパワーがストレスによる肌ダメージを内側からケアしてくれるのです。

 

乾燥防止、抗糖化に、ストレスケアの三拍子そろい、敏感肌に多いかずかずの肌トラブルへの備えは万全でしょう。スキンケアと同時進行で、上手にストレス解消もできれば、相乗効果でさらなる肌力アップが期待できます。

 

美容液としての特長は

 

新型アヤナスエッセンスコンセントレートをより深く知るために、他社美容液との比較も意味があります。
配合成分や価格のチェックが、比較ポイントとして適当です。

 

保湿美容液に、セラミドなどの保湿成分などの配合はよくあることで、アヤナスエッセンスコンセントレートもすでにみたように、保湿成分は充実配合です。
さらに、美白成分のローズマリーエキス配合も特筆ものです。この成分は、コラーゲンやヒアルロン酸などの産生をサポートする働きもあるのです。

 

アヤナスエッセンスコンセントレートには加えて、抗糖化成分、抗ストレス成分も配合されています。
他社製で、類似コンセプトはあまり見当たりません。
このあたりの着目点の独自性は有意なポイントといえるでしょう。

 

価格面では、アヤナスエッセンスコンセントレートの定価は「高級」な部類かもしれません。ただし、公式販売サイトではリフィル(詰め替え用)が廉価で販売され、それなりにお得感はあります。また定期購入すればさらに安くなります。

 

使い方

美容液の感触としては、濃厚でコクのあるとろりとしたミルクのようです。


容器はプッシュボトルですので、ワンプッシュ分を手に出します。
(※注:トライアルセットの美容液の容器はプッシュ式ではありません。容器を逆さまにして、ボトルを軽く押し、ワンプッシュ分程度を出して使います。)


それを手のひらで温めて、浸透力を高めたあと、顔の内側から外側へやさしくなじませます。
そしてさらにワンプッシュを手に取り、顔全体になじませたあと、中指をほうれい線にそってやさしく引き上げます。
最後に、顔を手のひらで包み込み、しっかりと浸透させます。

 

首もとが気になる時には、やはりワンプッシュを手に取り、フェイスラインから耳の下に沿って鎖骨まで伸ばしてなじませます。

 

まとめ

 

アヤナスの美容液は化粧水との比較で、液に美肌成分が濃縮されているので、より高い美容効果が期待できます。保湿はもちろん、抗糖化、抗ストレスを考えに入れて、「糖化対策」により肌老化に強力にアプローチをかけていく点で、敏感肌さんに、より高品質なエイジングケアを可能にしています。リニューアルで、成分数が増加した格好ですが、お肌にとろりと広がるなじみやすさで、敏感肌を優しくケアする化粧品の資格は十分です。まずは化粧水、美容液、クリームがセットになった10日間トライアルセットで使用感を確認してみてはいかがでしょう。

購入ページリンクはこちら▼▼▼


アヤナス美容液記事一覧

 

お肌の老化の原因は、乾燥や活性酸素だといわんばかりに、保湿ケアや抗酸化対策に励んでいる向きは多いでしょうが、熱心にケアしているのに、効果が得られないケースもままあるものです。そういった場合は、抗糖化美容液をお試しすると良いかもしれません。最近になって、話題にのぼっている「糖化」とは、たんぱく質に糖が結びついたもの…それを「糖化」と呼んでいます。食事で摂取した糖は、エネルギー源となるなど様々な生体反...

 
 

※以下の記事は旧タイプ(リニューアル以前)の製品についてのものですので、すでに販売を終了しています。アーカイブとして保存しています。アヤナスは、ディセンシアの中では、アンチエイジングができるコスメシリーズです。もちろん敏感肌専用ブランドの名に恥じず、保湿力もしっかりあります。アナナスでは、美容液が特に人気の高いアイテムです。保湿力のあるセラミド配合である上、敏感肌には特に多い、シワやたるみへの対策...