アヤナスの美容液には糖化対策成分が?

アヤナスの美容液「EVエッセンス」ですが、これは対外的に、All About ベストコスメ大賞2013敏感肌部門大賞を受賞した実績があるという実力派です。

 

アヤナスはもともと敏感肌ケア+エイジングケアのブランドですが、美容液は、近ごろ何かと話題になっている「糖化」にも着目して開発された経緯があります。
敏感肌のエイジングに糖化が関係しているとは目からウロコですが、成分的にもお肌にプラスになりそうです。

 

「クイックストレッチ処方」として、いろいろな大きさのポリマーが配合されています。
毛穴の目立ちや黄ぐすみのカバーに強い実力を示す成分で、アヤナスでも人気商品にあげられるポイントとなっています。

 

敏感肌の保湿ケアは、エイジングケアと共通点は多く、アヤナスの美容液には、保湿力を高めるセラミドナノスフィアとして、ナノ化されたヒト型ナノセラミドが配合されています。
成分をナノ化することで、普通のセラミドと比較し、肌深部への浸透力がいっそう高められるのです。

保湿成分やコラーゲン生成サポート成分

また、敏感肌はとかくお肌の状態の波が大きいものですが、アヤナスではコウキエキスを配合することでそうした「ゆらぎ」が抑えられるのがメリットで、美容液にも配合されています。
お肌の弾力アップにはEV酵母エキスも頼もしい成分です。

 

アヤナスでは、美容液にも入っているCVアルギネートも存在感たっぷりです。
これは、コラーゲン生成をサポートする成分で、お肌にハリを与えます。
シモツケソウエキスは、CVアルギネートを補助し、糖化による黄ぐすみの改善に働く成分です。
ポーラ研究所開発の「スムースミルキータッチ」により、通常より細かなエマルションが特徴的で、コクがありつつも、スッとなじむ快適な使用感で、高級感たっぷりです。

アヤナス美容液(EVエッセンス)全成分

アヤナス美容液(EVエッセンス)の全成分は以下になります。

 

水、BG、ジグリセリン、水添ポリオレフィン(C6−12)、ジメチコン、エチルヘキサン酸セチル、シクロペンタシロキサン、トリメチルシロキシケイ酸、水添ナタネ種子油、アルギン酸硫酸Na、加水分解酵母、セイヨウナツユキソウ花エキス、コウキエキス、セラミド2、グルコシルヘスペリジン、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、グリシン、アルギニン、セリン、リシンHCl、アラニン、フィトステロールズ、トコフェロール、オルメニスミクスタ花水、ニオイテンジクアオイ水、ポリHEMAグルコシド、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、PEG−30、グリセリン、PEG−150、水添ココグリセリル、セタノール、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10−30))クロスポリマー、(グリセリン/オキシブチレン)コポリマーステアリル、水酸化K、ステアリン酸PEG−150、ステアリン酸ソルビタン、オレイン酸ポリグリセリル−2、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

購入ページリンクはこちら▼▼▼


アヤナスEVエッセンス(旧タイプ美容液)の成分関連ページ

アヤナスEVエッセンス(旧タイプ美容液)の口コミ
口コミサイトやランキングサイトなどでみると、アヤナスの美容液の口コミは、評判が高いほうにあることが見て取れます。
アヤナスEVエッセンス(旧タイプ美容液)の@コスメでの口コミ
@コスメといえば、日本で最大とも言える有名な口コミサイトですが、ここでもアヤナス美容液は高い評判を得ています。