敏感肌はもっと美しくなれる!「ディセンシア」をSuono Dolceでご紹介【その2】ゲストに商品企画部マネージャ-ーのさん石塚さん

敏感肌はもっと美しくなれる!「ディセンシア」をSuono Dolceでご紹介!
11/16のTokyoAfter6では、株式会社ディセンシア商品企画部マネージャ-ーのさん石塚さん、そして月曜レポーターとしてもおなじ-み堀まゆみちゃんにスタジオ-にお越し頂き、敏感肌専門ブランド「ディセンシア」の商品をご紹介してもらいました!

 

会話を文字おこししてみました。

 

(司会)さてここからは美の敏感な女性の皆さんには特に聞いて頂きたい素敵な情報をお届けしたいと思います。
一緒に番組を進めていくのは東京アフターシックス月曜日リュクス丸の内のコーナーでもおなじみ堀まゆみちゃんです。
よろしくお願いします。
(堀)よろしくお願いします。
(司会)そして今回もスペシャルゲストをお呼びしました、株式会社ディセンシア商品企画部マネージャーの石塚きみこさんです。
(石塚)石塚ですよろしくお願いします。
(司会)よろしくお願い致します。ディセンシアさんといえば先月もこの番組で新シリーズのアヤナスについて社長の小林さんからいろいろと思いを伺ったんですが、石塚さんは商品企画部と言う事で、もう具体的に商品に携わってらっしゃる。このあたり詳しく情報を伺って行きたいと思います。よろしくお願いします。
(石塚)よろしくお願いします。少しでもご参考になればと思っています。
(司会)よろしくお願いいたします。まずアヤナスシリーズの詳しいお話を伺う前に、あの、事前に頂いたパンフレットの中に、美容成分を手のぬくもりであたためて、じっくりプレスして届けるのがポイント、だというふうに書かれてたいたんですが、そこがすごく私なりに気になったんですね。
両手は最高の美容ツールって、自分の手で自分のお肌の調子を整えるということですよね。
そこのへんを詳しく教えて頂いてもよろしいでしょうか。
(石塚)ディセンシアはですね、文字通り創業当時よりお手入れの手でのお手入れをおすすめしていまして、敏感肌な人にとって摩擦にならないお手入れ方法なんですけども、自分の肌にきちんとふれて頂いて自分の肌を確認して頂いて頂きたいと目的がございます。
あの体調が変化するようにですね、お肌も日々変わっていますので、きちんと自分のお肌に触れて、肌と対応して、その日その時の必要な物をお手入れして頂きたいな、という思いで「手でのお手入れ」をおすすめしております。
(堀)へ〜肌と対話をする。自分の肌の調子と向き合うことが大切。
うん〜確かに自分の事なのに分かっていないことって結構ありますよね。
(司会)確かに手は使っているですよね。

(堀)いつも毎日使って洗顔したりしているですよよね。
(司会)では具体的に手を使ったお手入れ方法を教えて頂けますか。
(石塚)はい。あの敏感肌の特徴として肌の表面である角層が非常にデリケートとこがあるですね。
なのでこすったりしてしまうと角層がめくれてしまったり、ますます敏感になってしまう危険な状態になるので、ディセンシアではまず化粧品を手のひらにとって頂きまして、ゆっくり手の中で暖めて広げて頂いたあと、乾燥が1番気になる部分からつけて頂くようになっています。
1番よくほっぺたが乾燥しますのでほっぺたをこのように優しくつつむよに頂いて、少しづつ手ずらしながらつけて頂くようになっています。
(堀)わ〜、余裕を持ってゆっくりと言う事ですね。
(石塚)呼吸に合わせてやるのがポイントですね〜。
(司会)なるほど、いつもこうパパパと終わらせて終う。
(石塚)そうですね〜で足りない所は少し足せて頂くのがポイントと思います。
(司会)じゃ〜手でじっくり肌を確かめてお手入れをしていくのがやっぱりいいですね。
それも足りないかどうかなんてねしっかり触ってみないと分からないですよね。
(石塚)ちょとですね、お二人とも自分肌を触って頂いて今の乾燥具合をみて頂きたいですけど、いかがですか。
ちょと頬がかさってするかもしてないですが、ちょっとライトがあるからかもしれません。
あの〜オフィスなども冷房や暖房の影響で乾燥するですけれども、今日のスタジオは照明がきちんとついていますのでより乾きやすいかもしれません。
(司会)そうなんですね〜はい。乾燥してかさっとしている所もあれば、ちょと私はオイリーっぽいTゾーンですね〜。
なんか、お肌が疲れている感じするかのしれない。

(石塚)なので、場所によって油っぽい所に油を与えてしまうと又ニキビの影響になりますしたりするんで、良く自分のお肌をきちんと見極める事が大切です。
(司会)はい。ちょと自分の肌が分かった所でこのアヤナスシリーズについて詳しく教えて頂けますか。
(石塚)はい。今回のアヤナスにはですねトリプルリペアシステムという敏感肌特有の着目したしシステムを採用しております。ちょとこちらをご覧頂きたいですけれども健康な肌に歳をとることでエイジングが進みますが、それに加えて敏感肌というのは外部刺激ダメージと微弱炎症ダメージが加わりまして、それがコラーゲンを破壊するという事実がディセンシアの研究で分かっているですね。
(堀)破壊。
(石塚)はい。なのでディセンシアのアヤナスにはトリプルペアシステムを採用いたしまして、敏感肌の独自のエイジングの外部刺激と微弱炎症を止めてから通常の加齢ケアとしてコラーゲンを増やしていって角層、表皮、真皮の三方向からエイジングをすることで、肌本来の機能を戻しながらふっくら潤いあふれる肌に導いていきます。
(司会)しっかり抑えて炎症を押さえて問題をこう押さえてから潤わす…。
(石塚)コラーゲンを増やす。うん。そうすると敏感肌もふっくら潤う肌になっていくと思います。
(司会)はい。今日もこちらにアヤナスシリーズ並んでますが今回は主力となるローションとクリームちょと私達も手で味わってみたいですが
(石塚)はい。ではですねローションから。
(司会)ボトルも綺麗ですね〜。
(石塚)そうですね〜ピンクのグラデーションになっております。
左に手の甲に失礼いたします。実際の使用方法などはパンフレットをご覧頂きたい。左手だけ1滴たらして頂きます。
こちらはですね、優しく伸ばしてちょとプレスするようなお肌に入れてみてください。先ほども説明いたしましたが敏感肌というのはですね角層が非常にもろいのでこすったり、たたいたりするとちょとお肌を傷つけてしまうですね〜ですね優しくプレスするようにゆとりをもったところでこちらのローションは先ほど説明いたしました微弱炎症を抑える効果とコラーゲン増やす水分が入っておりますので、うん〜はい。
(司会)なんか、今ね、手の甲に乗せて頂いたんですがなんでしょうこぼれないというかトロっとしているので肌の乗せたい所にピンポイントでしっかりのりますね。手にすーとなくなりました。なくなりました。
(石塚)はい。手でのお手入れのやっぱり進めているので使用しやすいようにとろみのある化粧品となっていまして、ただですと元々、肌というのは水をはじくという性質があるのでなので有効成分をぎゅと中に引き込むようにスキンフィ一トモイスチャー成分を入れまして、美肌成分を奥まで浸透するような設計になっております。
うん〜〜。匂いも嗅いでみて頂いていきたいと思います。

(堀)自然な柔らかい感じの香りが
(司会)心が柔らかくなる幸せな香りですね〜
(堀)そうですね〜癒されますね〜
(石塚)リラックスしながらお手入れして頂けたいので今回はですね〜。保湿成分のほうで香りをつけております。
(堀)なんの香りになるですか。
(石塚)ゼラニュームの香りですね〜。
(堀)ゼラニューム。
(石塚)後、カミツレなども入っております。
(司会)うん〜。まずがこれがローション。はい、もうすっかり入っちゃいました。私も、はい。
続いては、続きましてクリームの方、味わって頂きたいと思います。
(石塚)ではそちらで、でこちらはですね。
ローションの2つの成分に加えましてディセンシアの特許技術でありますバイタサイクルベールが配合されております。
(堀)ありがとうございます。
(石塚)こちらもですね少し手のひらで伸ばしてプレスするように入れてみてください。優しくですね。
(堀)こすらず、たたかず、しみます。その言葉がしみます。私。手の伸びがグーと良くて、ちょとなのにもう、手全体伸びますね〜。
(石塚)やっぱり摩擦にならないように使用感にこだわって開発しているので、肌に上にまろやかに手で浸透するような設計になっております。

(堀)吸い付きますね〜
(石塚)はい。このバイタサイクルベールというのはですね、ディセンシア特許技術をご説明をしたんですけれど、アレルゲンブロックの効果がありまして、敏感肌とうのはですね、敏感なんですけれども外部刺激さえ受けなければ、ゆらぐことはございませんので、その敏感肌にとって外部刺激をシャットアウトするというのは非常に大切なことなんですね〜。
(司会)なるほど、季節変わり目とか皆さん敏感な方気にしていらしゃると思うのでどうですか。
(石塚)後、今ちょと触って頂きましてこのしっとりと手のひらの吸い付くような感じが潤ったサインなります。ちょと付けてない右手も触ってみて頂けますか。あ〜どうですか。
(堀)もう、違いがもうカサカサなんですけど私、乾燥しているね〜。
(司会)肌触りが全然違う。
(堀)こっち、左手に付けるまでは何も感じてなかったですけど左手がしっとりと右手が乾燥がすごく感じるようになりました。
(石塚)このようにですね手できちっと確認して頂きていきたいと思いましてお肌の時も自分に何が足りないのか見極めて頂きたいと思います。
特に朝ですね、急いで顔洗ってしまいがちなんですが、朝ちょとこうご自分の肌を触って頂きまして、そうすると前の夜のお手入れが自分にあっていたかどうかがチェックできるので、是非ゆっくり実感、ゆっくり自分のお肌を確認して頂きたいと思います。
(司会)はい。今日に夜のお手入れ、明日の朝に結果これですね〜。
もう左手が見た感じも潤いハリ感じが違う感じが。
(堀)そうなんですよね。ちょと映像では分かりづらいとかもしれないですがこれやっぱり是非試して頂いて実感して頂きたい。

 

(司会)このアヤナスシリーズの魅力をたんのうした所で、ちょと石塚さんのお話も伺ってみたいと思うですが、石塚さんはどうして美容の道に進まれたんでしょうか。
(石塚)はい。1番始めに思ったのは人に喜んでもらえるようなお仕事がしたいと思っていたですけれども、後、自分もアトピーがひどくて悩んでですね。そのように敏感肌に女性に喜んでもらえながら、さらに自分も綺麗になれてしまうこの美容の道がいいなと思いまして、ディセンシアに入社いたしまして、始め研究員として入社をしたんですけれども、その後、美容スタッフの教育とか終えて今、商品企画をやっているので、はじめの思いがですね、美容の道にまっしぐら人生になっております。
(堀)あの〜美容の道まっしぐらで全然ぶれてないですよね〜しかもご自分の夢を叶えてさらに他の女性の夢も叶えてあげるという、本当に素敵ですよね。
(司会)よいお仕事ですよね。本当ですよね〜うん。
美容のお仕事をしていて1番嬉しかったことってなんなんですか。
(石塚)はい。それはやっぱりお客様からありがとうと言う言葉を言われたときですね〜。
ディセンシアにはコールセンターがございまして日々いろんなご意見頂くですけれども、同じように敏感肌で悩む女性の多くの女性にありがとうと頂いておりまして、それを励みに日々がんばっております。
(堀)あの同じ働く女性としてすごく興味があるですが、こう〜、色々毎日ストレスがあったりすることがあったりすりじゃないですか、その中でストレスの解消ですとか、オフの日のお気に入りの過ごし方、そういうものあるんですか。
(石塚)はい。私ひどい肩こりなんですよね。なのでお風呂上がりに毎日簡単なストレッチをするですけれども、その時にお気に入りの香水とか結構あるですけど、敏感肌だと直接付けるとしみてしまうので、あまり使えにくいですけど、そういう時にルームウエアにシュシュとしたりとか空気中のシューとして香りを楽しみながら毎晩、あの〜、日々のストレスを発散するようにしていますね〜。
それと休日の過ごし方ですね〜、趣味でネイルの資格を取っているので、デザインを考えたりですとか、後は友達に頼まれてウエディングネイルとかも作ったりしているですけど。
(堀)すごい。あれも美ですよね〜トータルですね〜。
(石塚)やっぱり花嫁さんにすごく喜んでもらえると私もすごく嬉しくなって美肌ホルモンが出る気がするですよね〜。
(堀)へ〜。綺麗をキープするには外からだけではなくて食べ物も大事だと思ですけども、何か気を使われている所あるですか。
(石塚)はい。ハマっているものなんですけれども実はホットヨーグルトにハマっているですね〜。
(堀)ホットヨーグルト。
(石塚)はい。温かいヨーグルトです。

(司会)聞いたことありました。なんか、聞いた事隠れたブームっていうことを読んだ事あるですよ。
(堀)え〜私初めてなんですけど。実際にやっている方初めてなんです。
(石塚)そうなんです。元は番組でダイエットの為に特集をされていたみたいなんですけど、あの〜朝冷たいものを食べると腸というのは少し活動が弱ってしまうらしいですね。ですのでヨーグルトをチンをするか、湯せんに少し温めて食べるですね〜毎朝食べているです。そうすると元気で美しい腸が入るとお肌も綺麗になってくる症状効果が期待できて、今がんばっている最中ですね。
(堀)温かいヨーグルトってどうなんですか。
(石塚)結構おいしいですよ。
(堀)いける感じですか。おいしいですか。
(石塚)あのホット牛乳が飲め方でしたら美味しく頂けると思います。お味はほっと牛乳の感じでかね。
もうちょと乳製品の独特の温めた感じはあるですけれども、もう少し爽やかな感じがとても美味しいです。
(堀)是非やってみます。
(石塚)明日やってみてください。
(司会)きっと職場の皆さんも美容にとってアンテナ高いでしょうね。
(石塚)そうですね〜今、三人くらいでホットヨーグルトハマってまして朝、洗面器見たいなお湯はって、三つくらいヨーグルトが浮かんでいる状態で日々続いてます。
(堀)湯せんをはって温めてですね〜なるほど、
(司会)普通にスーパーとかコンビニをそのままヨーグルトを湯せんすれがいいですね。
(石塚)はい。浮かべて置いて
ちゃとメールをチェックしてその後、食べる。

(司会)家でやってみます。私達もやってみます。
(石塚)簡単にできるので是非。
(司会)はい。色々とお話し聞けば聞くほど魅力いっぱいの石塚さんですがそんな石塚さんが商品企画にたずさわった物、アヤナスシリーズ、今なら嬉しいトライアルセットがあるですよね〜。
(堀)今ならですね〜通常2415円のトライアルセットを期間限定1980円でさらにの濃密フェイスマスクをお付けしてご提供しております。はい。送料無料で開封後も30日間は無条件で返品可能ですので、是非これを機会にチャレンジして頂きたいなと思っております。
(堀)すごいですね〜。
(司会)トライアルキットもレギュラーボトルのミニチャ版ということで、入れ物も可愛くてピンクに仕上げてあります。はい。
(石塚)それと敏感肌の方で今まで化粧品で一度でも荒れた方という方、初めての化粧品を使うのは不安だと思ですけどその場合はですね。腕の内側などで少しパッチテストをして頂いてからお試し頂いて、だめでしたら返品頂けますので、是非気軽にチャレンジして頂きたいなと思っております。はい。お電話のお問い合わせはこちらまでどうぞ。…中略…
(司会)お別れの時間に近づいてしまいましたが今日は最後に石塚さんのリクエスト曲をおかけしたいと思うですが、石塚さんがこれをきくとリラックスできるという曲を教えて頂けますか。
(石塚)はい。コリーヌ・ベイリー・レイさんのブットユア・レコーズレイという曲です。邦楽だとして歌詞を追ってすまうので元気を出したい時は聞くんですけれどもこちらの曲は会社の同僚から教えた頂いて爽やかな感じ、素晴らしい透きとおった歌声が夢や自分を見つけられる歌詞のもとても共感しているような曲になります。
(司会)はい。それではこの曲を聞きながらお別れしたいと思っております。ちなみにディセンシアの情報は来月12月14日水曜日、東京アフターシックスで又紹介いたしますのでどうぞ、お楽しみに。まゆみちゃっんも来月もよろしくお願いします。ということで石塚さん今日はありがとうございました。

 

 

 

 

購入ページリンクはこちら▼▼▼


敏感肌はもっと美しくなれる!「ディセンシア」をSuono Dolceでご紹介-その2関連ページ

敏感肌はもっと美しくなれる!「ディセンシア」をSuono Dolceでご紹介-その1
アヤナスについての動画紹介です。敏感肌はもっと美しくなれる!「ディセンシア」をSuono Dolceでご紹介!
敏感肌はもっと美しくなれる!「ディセンシア」をSuono Dolceでご紹介【その3】
アヤナスについての動画紹介です。敏感肌はもっと美しくなれる!「ディセンシア」をSuono Dolceでご紹介【その3】