ほうれい線は予防できる?

若い頃は気にならなかったのに、いつからかほうれい線が目立つようになってきた、という方もおられるでしょう。
ほうれい線を目立たなくするのは、不可能ではないにしてもそれなりの努力と時間を要します。
ですから予防が大切。虫歯と同じですね。

 

まず、ほうれい線ができる原因を挙げておくと、大きくいって、お肌の乾燥、紫外線によるダメージ、筋肉(口の周りの口輪筋)の衰えの3点です。
したがって、予防にはその反対を行けばいいということになります。

乾燥を防ぎ、紫外線対策も行い、顔の筋肉運動も

よく言われるように、乾燥は肌老化の大きな原因となるダメージで、潤いが失われることで、たるみやシワができやすくなります。
保水機能が弱い乾燥肌や敏感肌の人は特に注意すべきことで、保湿ケアは若いうちから努めることが、予防になります。

 

さらに、紫外線のA波は、肌真皮層に達し、コラーゲンやエラスチンを破壊し、お肌のハリ・弾力を奪っていきます。UV対策を適切にとることは、美白のためだけでなく、ほうれい線の予防にも必要なことなのです。

 

他に、ほうれい線ができないようにするには、筋肉(口輪筋)の衰えを予防することも重要なポイントです。
普段の食事でも、よくかむことを習慣化するのは効果的です。
たるみ予防には、1口30回、最低でも20回かむようにするのが鉄則です。

生活習慣や姿勢にも注意

また、最近増えているのが携帯やスマホを操作しながら、下ばかり向いて歩く生活習慣です。
それが続けば重力の作用によって、顔のたるみを助長させ、ほうれい線を通り越して、ブルドッグ顔になること必至で、スマホ顔だるみと呼ばれるくらいです。
歩く時や食事の際など、生活のあらゆるシーンで良い姿勢を保つことは、見た目だけの問題などではなく、アンチエイジングの見地からも重要なポイントとなるのです。

購入ページリンクはこちら▼▼▼


ほうれい線の予防関連ページ

ほうれい線には保湿クリーム
ほうれい線をすぐに消せる魔法のクリームは存在しません。日々の継続的ケアによって肌をより健やかに導くことが解決策。保湿クリームなどを効果的に使いましょう。
ほうれい線を消す方法
ほうれい線を消す方法の第一歩はお肌の栄養失調を治すこと。即効で消したいのならば病院という選択枝も。