コウキエキスとは黄杞の葉っぱから抽出しているエキス

コウキエキスとは、コウキ(黄杞)という植物の葉から抽出したエキスのことです。
コウキ(黄杞)の原産地は、中国南部とされ、現地では健康茶として飲まれているとのことですが、日本では、もっぱら化粧品の配合成分です。
長年の使用実績によって、コウキには、肥満防止、健胃、解熱、解毒などの効能が確認されています。
さらには、消炎や鎮痛作用もあることから、エキスを抽出したものを、お肌に塗るということが考えられるようになったのです。
何かと肌トラブルの多い敏感肌や乾燥肌にも、十分に使用に耐えることでしょう。

フラボノイドが含まれているコウキエキス

コウキエキスをもう少し詳しくみると、アスチルビンというフラボノイドの一種が入っているのが注目ポイントです。
アスチルビンは、抗酸化作用や抗アレルギーの働きがあり、スキンケアの見地からすると、活性酸素によるダメージからお肌を守る格好になり、アンチエイジングにも活用できそうです。
また、コウキエキスには、紫外線による影響をブロックすることで、メラニン生成を抑える働きもあります。美白成分にはビタミンCなどが有名ですが、コウキ葉の産物からも同様の効果が期待できるのです。

敏感肌対策にも有効なコウキエキス

さらに、コウキエキスには糖化を抑える働きも、お肌のアンチエイジングに役立ってくれそうです。
というのも最近になって、肌老化には糖化も関係していることが明らかになってきたからです。
糖化によって、糖化最終産物(AGEs)が増えすぎると、お肌が黄色っぽくなったり、弾力やハリをもたらすコラーゲンやエラスチンまでも破壊されてしまいます。
スキンケア、特に敏感肌のケアには、抗酸化や抗炎症も大切ですが、コウキエキス配合の化粧品は、抗糖化も同時に狙える点がメリットなのです。

購入ページリンクはこちら▼▼▼


コウキエキス関連ページ

ヒト型ナノセラミド
人間のセラミドと同様の構造のヒト型ナノセラミドは保湿成分の切り札?
トリプルリペアシステム
アヤナスに用いられたトリプルリペアシステムにはどんな特徴がありどんな効果があるのでしょうか。
全成分
アヤナスは、敏感肌のために特に立ち上げられた化粧品ブランド「ディセンシア」のエイジングケア・シリーズ。アヤナスの全成分を分析してみると…。